差別や偏見

てんかんへの偏見や差別

てんかんは病気です。ですが、てんかんを正しく理解している人って殆どいません。知らないから差別し偏見の目で見るのです。確かに、知らないと私のように慌てて戸惑います。日本てんかん協会と言う組織もありますが、
一般の私達にその活動は見えません。

私たちの偏見が悪いのか?

日本てんかん協会の活動不足なのか?

それすら分かりません。

なので、病気として認知されず偏見や差別が生まれるのでは!!

ただ、事実としててんかん患者の事故。そして私が目撃した中年男性のてんかん発作。みんな隠しています。しかも、悪質です。

一部の人だけだと思いたいのですが。てんかん患者と言う自覚、と言うよりは自分の病気を正しく理解してないのでは・・・

と思えるような言動です。

もっと一般や患者に対する広報活動を、日本てんかん協会にはお願いしたいです。知識のない者に、重度のてんかん発作は衝撃的です。ただし、医師の支持の従い治療をしていれば、よくいる持病持ちの私達と何ら変わらないのです。

てんかん患者の就職

Home