てんかん患者の保険

てんかん患者の

自動車免許取得の項でも触れていますが、一般者の方からの損害保険会社への質問で、「てんかん」患者が自動車運転中、事故を起こした場合どうなるのかと言う質問です。

担当者からの回答は「てんかん」と分かった時点で保険金は支払いません。と、同時に警察に運転者が「てんかん」患者と通報します。と言うのを見たことが有ります。詳細は分かりませんが、告知をしないでの契約と思われます。

かなり不利と言う事は間違いないようです。



「ぜんち共済」「ぜんちのあんしん保険」は、現在治療中の病気(てんかんなど)があっても、医師の審査や告知なしに加入できる保険と、公益社団法人「日本てんかん協会」が推奨しています。

「ぜんちのあんしん保険」とは

「4つの保証で大きな安心」ともに助け、ともに生きる。

1.医療保障
2.個人賠償責任補償
3.権利擁護費用補償
4.死亡保障

「ぜんち共済株式会社」となっています。


知的・発達障害やてんかんのある方のための総合補償保険です

てんかんを隠す理由の一つに

職種の制約も有るでしょう。また、危険のない職種だからと思っている方も居ると思います。でも、違います。私が遭遇した発作の場合、もっと機敏に動ける方だと受け止めようと思ったかも・・・

幸か不幸か、のんびりの私は呆然と見ていただけ、なので、もらい事故は有りませんでした。

そして、もう一つは年末調整で会社に提出する保険料控除の申告書。

その時、
「ぜんち共済」知的・発達障害やてんかんのある方のための総合補償保険ですと言うのは私でも嫌です。差別と言われるかも知れませんが、てんかん患者と知れること以上に抵抗を感じると想います。

一般の保険会社でも、偽らないで告知をすれば、条件次第で加入できる保険も有るようです。気にしない方は「ぜんち共済」で、気にする方は一般の保険会社から探して見るのも良いかも知れません。



一番いけないのは隠すことです。

気にしない方は

 

気にする方は